N⃣   o⃣   v⃣   e⃣ iamanove
ある朝、 いまだかつてない事が起きた。 嬉しさのあまり 永遠であってくれたらいいのにと 起こったこの事象を見つめ続けた 叶わないと思ってた 君とまた会えた事 狂おしいほどに愛した君と会えた事 気怠いいつもの朝はどんな朝だったっけ このままもう何もしたくないと思った 颯爽と現れた君は微笑み 下を向く僕を見つめ続けた 涼しげな顔をしていた 背も少し伸びただろうか? それから僕らは思い出の場所へ向かった 楽しかった色々な思い出を思い出した ちょうど7年前の春のこんな天気だった つまらないことで喧嘩になり 手品のように君は消えてしまった 時がそれから錆びてしまったかのようだった 何もやる気のない日々 逃げ続ける日々 ぬかるんだ沼に溺れていたんだ 眠りにつく時にいつも君との時間を思い出していた 野良猫のように彷徨い続けた 春の風が二人をくすぐる 日陰に君が腰を下ろした 「不思議ね、この7年がまるで嘘みたい」 「変なかんじだね。何で僕は離れてしまったのだろう」 ほんの一瞬、君は悲しい顔をした 「また一緒にいられるのかな」 魅力的だった、やっぱり君は魅力的だった 無理だった、僕には今彼女がいることを言うことができなかった 目を合わせたまま僕は一言も返事をしてないことに気がついた もう遅かった、君は明らかに僕らの再開に未来がないことを悟った顔をしていた 「やだ、何か舞い上がって先走っちゃったみたい」 揺れていた、僕の脳と心は未だかつてないほどに揺れて、震えていた 「よかった、また会えて本当によかった」 ランドマークタワーの下で僕らはまたバイバイをした 理想の人だった、でも、今の彼女は絶望の淵から僕を救ってくれたんだ 瑠璃色のみなとみらいの海を眺め僕は呆然と歩いていた 恋愛は僕には上手にできない 路肩に止めた車に乗り込んだ 沸き上がる君への想いをどうすればいいのかわからなかった、やっぱり君 「を」愛してる ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ んー、、、50音作文はやっぱり難しい

ある朝、 いまだかつてない事が起きた。 嬉しさのあまり 永遠であってくれたらいいのにと 起こったこの事象を見つめ続けた 叶わないと思ってた 君とまた会えた事 狂おしいほどに愛した君と会えた事 気怠いいつもの朝はどんな朝だったっけ このままもう何もしたくないと思った 颯爽と現れた君は微笑み 下を向く僕を見つめ続けた 涼しげな顔をしていた 背も少し伸びただろうか? それから僕らは思い出の場所へ向かった 楽しかった色々な思い出を思い出した ちょうど7年前の春のこんな天気だった つまらないことで喧嘩になり 手品のように君は消えてしまった 時がそれから錆びてしまったかのようだった 何もやる気のない日々 逃げ続ける日々 ぬかるんだ沼に溺れていたんだ 眠りにつく時にいつも君との時間を思い出していた 野良猫のように彷徨い続けた 春の風が二人をくすぐる 日陰に君が腰を下ろした 「不思議ね、この7年がまるで嘘みたい」 「変なかんじだね。何で僕は離れてしまったのだろう」 ほんの一瞬、君は悲しい顔をした 「また一緒にいられるのかな」 魅力的だった、やっぱり君は魅力的だった 無理だった、僕には今彼女がいることを言うことができなかった 目を合わせたまま僕は一言も返事をしてないことに気がついた もう遅かった、君は明らかに僕らの再開に未来がないことを悟った顔をしていた 「やだ、何か舞い上がって先走っちゃったみたい」 揺れていた、僕の脳と心は未だかつてないほどに揺れて、震えていた 「よかった、また会えて本当によかった」 ランドマークタワーの下で僕らはまたバイバイをした 理想の人だった、でも、今の彼女は絶望の淵から僕を救ってくれたんだ 瑠璃色のみなとみらいの海を眺め僕は呆然と歩いていた 恋愛は僕には上手にできない 路肩に止めた車に乗り込んだ 沸き上がる君への想いをどうすればいいのかわからなかった、やっぱり君 「を」愛してる ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ んー、、、50音作文はやっぱり難しい

183

Featured Posts

3 Comments

  • sunao000photo 2 months ago

    素敵…です。 こんな風に恋愛を描いてみたい。 と、思いました。